岩沢アチコタネーゼに対するお問い合わせ・ご要望はこちら
新潟県小千谷市岩沢地区住民活動団体 
岩沢アチコタネーゼ・・「心配ない」

 地域活性化・地域支援の企画実行
【特定商取引に関する法律に基づく表記】
住民主体/住民提案型の地域づくり

「あちこたね」は地域の言葉で「心配ない」を意味します。















アチコタネーゼメンバーの日々の活動内容、苦労話等をアップしております。よろしければフェイスブックへのご訪問もお待ちしております。

所在地
岩沢アチコタネーゼ
〒949-8724
 新潟県小千谷市大字岩沢1010−4
 TEL/FAX 0258(89)8220



ごあいさつ 
アチコタネーゼ…と言われるような地域づくりをめざして、この初年…


 小学校の統廃合、進む少子高齢化、続く人口流出…ご多分に漏れず当地域もすっかり中山間過疎地域の代名詞に定着した感があります。
あがかなければ…もがかなければ始まらない…、そんな使命感にも似た気持ちを一歩前進させたのは、この岩沢アチコタネーゼの結成でした。結成初年度、夜〜なべ談議、田植え・稲刈りなどの農業体験ツアー、各種イベントへの出店、学生インターンの受入、そして11月10日〜11日と2日間に渡って開催した駅前広場ふれあいフェスタ…とイベント中心に活動してきましたが、僕は常々活性化の原点はイベント開催だと思っています。当然のことですが一つのイベントを開催するにあたって多くの関係者、スタッフが動きます。そして時には数か月前から会議をし酒を飲み議論します。そして晴れて当日を迎える。年間何度もやるならば1年間ほとんど本業以外で何かをやっていることになる。だからスタッフだけでも自ずと活動的になってくる。そしてイベントが始まれば多くの住民などが集う、笑う、語らう、いくばくかのお金が落ちる。終われば失敗であろうが成功であろうが開催者はその達成感に浸りながら大いに飲み語らい、あれは良かった…これは良くなかった…こうした方がいい…ああした方がいい…そして次回は…と未来を語る。僕はこの単純な営みの中からその地域の活性化に重要な「何か」が生まれると思っています。そしてそれが最終的に「地域にお金の落ちるシステムづくり」に繋がっていけばいいと考えています。

関口 貞幸

岩沢アチコタネーゼ 
当会の目的
 当会は、地区内10集落を「自然・文化・資源」を共有する共同体として捉え、「地域資源の利活用・地域内外の連携交流・コミュニティビジネス」等の展開を通じ、「少子高齢化・担い手育成・集落間の支え合い」などの地域課題解決を目指しています。
 また、「住民提案型地域づくり」と「持続可能な循環型地域づくり」の実現に向け、地域の「拠り所・元気・人・郷土愛」の創出に取り組んで参ります。

岩沢アチコタネーゼ 
事業内容

(1)住民参加と世代交流の場づくり事業
(2)地域活性化・集落支援に係る事業
(3)地域資源の利活用に係る事業
(4)地域内外の連携・交流と情報発信に係る事業
(5)地域資源の商品化と農産物販売等に係る事業
(6)地域福祉および人材育成に係る事業
(7)その他当会の目的を達成するために必要な事業




住民活動団体
〒949-8724
 新潟県小千谷市大字岩沢1010−4
 TEL/FAX 0258(89)8220  E-mail iwasawa.acc@gmail.com